板通'S インテリア&キルトショップ れんが Renga
作り上げる愉しみと、身にまとう楽しみ vol.8
目次
英国リバティ・タナローン
          春夏シーズナル・コレクション好評発売中 綿でありながらシルクのような質感、唯一無二の美しいプリントで日本でも人気の英国リバティ・タナローン。れんがでお取り扱いをはじめて四半世紀以上が経ちました。
          毎年春夏・秋冬の季節ごとに発表される新作は、リバティ独自のテーマを軸にデザインされ流行をけん引しています。
2021年春夏コレクション・テーマは『アトラス・オブ・ドリームス』アトラスとはギリシャ神話の中に登場する巨人の神。全知全能の神ゼウスとの戦いに敗れ、世界の西の果てで天空を背負う役目を負わされた話で知られています。壮大で力強いテーマに沿って美しい地球のもつ豊かさと多様性を表現した新コレクション。一部の柄は品切れるなど人気となっています。また定番、エターナル・コレクションに人気の柄が新しく加わりました。その中のひとつ、2010 年秋冬シーズナル・コレクションで初登場したYoshie(ヨシエ)はグラフィック・デザイナーの渡邉良重さんが描いたファンタジックで繊細なデザインが人気で、お子様とお揃いの洋服作りやキルト作品作りにもおすすめです。夏におすすめの1柄といえば、スモール・スザンナも忘れてはいけませんね。
YOUTUBE
素晴らしいデザインの中からキルトにも使いやすいプリントをご用意してお待ちしております。ファッションにも広がるSDGs (持続可能な開発目標)長く楽しめるこだわりの一着を…。セミオーダーが注目されています。様々な業界の中でも環境負荷が高いことが問題となっているファッション業界。巣ごもりで自宅の整理をされ、ワードローブや洋服との関わりについて見直す方も多いと聞きます。そんな中、改めて注目されているのがセミオーダー。使い捨てのような早いサイクルではなく、ルーツが分かり時間をかけて製作した上質なものを長く愛用することは環境だけでなく自分にとってもストレスフリーになります。れんがではリバティ・タナローンで作る紳士用シャツや婦人用チュニックなどのセミオーダーを承っております。
ヴィンテージ ・ リバティプリントでも製作中 当店で大切に保管しておりました、90cm 幅のヴィンテージ・リバティを最新の無地タナローンと組み合わせたシャツを同時で製作。仕上がり次第、こちらも YouTube や SNS でご紹介いたしますのでご期待ください。 ヴィンテージ ・ リバティとは? 酒井惠美さんの著書、『英国のヴィンテージ・ファブリック コレクターズ・リバティプリント 花・実・葉柄468 種』の中でヴィンテージ・リバティプリントの紹介がございました。
          30 年近く前のリバティプリントをヴィンテージとして位置づけ、1970 年代~ 2000 年頃のリバティプリントが掲載されており、ファンにはたまらない美しいデザインの数々は読んでいて、とても楽しい時間を過ごせました。
マスクも暑さ対策~素材や柄で快適に~ 今年も夏がやってきました。蒸れて不快になりがちなマスクですが、どんな生地や素材を選んでいますか?接触冷感素材のガーゼを使ったり、通気性の良いレースや麻を表地に使ったり…夏の快適なマスク生活のために、皆様いろいろな工夫をしているようです。マスク生活が始まった頃は無地やおとなしめの柄を選ぶ方が多かったですが、今やマスクは多種多様!!昨年は勇気の出なかった方も、今年は好きな生地で思いのままにマスクを作ってみてはいかがでしょうか?「つけてみたら想像以上に素敵だった!」という方もたくさんいらっしゃいますよ♪お気に入りの布で作ったマスクをつけると憂鬱な気持ちもやわらいできます。場面ごとにマスクを使い分けてみるのもよいかもしれませんね!
夏用リバティマスク 新登場!手作りが苦手な方にも、なかなか作る時間の取れない方にも、気軽におしゃれなリバティマスクを楽しんでいただきたい…そんな気持ちから、新発売のリバティプリントを使用した夏用の布マスクを店頭に取り揃えました。抗菌フィルター入りで丸洗いも可能な、日本製の商品です。こちらのマスクは表面にフランダースリネンのリバティプリント、裏面に今治産二重ガーゼ生地が使われています。中にフィルターとして「抗菌防臭機能」のある不織布が入った三層構造です。立体的な作りで圧迫感もなく、涼しくもやさしい肌触りに仕上がっています。デザイン性の高いマスクに挑戦したい方にもオススメですよ。
Do you have a green thumb?「あなたは緑の親指持ってる?」「green thumb(グリーン サム)」という英語は直訳すると「緑の親指」です。冒頭の「緑の親指もってる?」なんて聞かれたら「???」、頭が真っ白になりそうです。英語で「green thumb」は「ガーデニングに精通している人」「植物を上手に生育できる人」を示す表現です。(ちなみにイギリス的には「green fingers( グリーン フィンガーズ)」というそうです。)日本では気持ちよくガーデニングを楽しめる時期が短いですね。(夏は虫刺されや暑さでお庭でのんびりは難しい・・・。)猛暑厳しい季節は実際のガーデニングはほどほどに・・・。
商品を見る
「クマ、 くま、 熊」 は続きます。去る 4/10 ~ 4/18 に開催致しました「くま、クマ、熊のキルト展」。20 ㎝角のクマやベアーズ・ポー(熊の足跡)のタペストリーを中心に、ぬいぐるみやベッドカバーなどクマにまつわる作品およそ 150 点を展示致しました。れんが店舗内と市内のカフェ・ギャラリーの 2 か所同時開催だったので徒歩で散策しながら両会場を訪れるお客様も多かったようです。(道中ウィンドウショッピングやティータイムなどを楽しまれる方々も・・・。(^^))個性豊かなクマたちの春夏秋冬をイメージして展示した会場に多くの方々がご来場くださいました。ありがとうございました。20 ㎝角のクマのタペストリーは紐とループを縫い付け、子供たちがごっこ遊びで使うおんぶ紐に加工し市内の公立保育施設に順次寄付してまいります。
最新情報はメルマガでもお届けいたします 当店では、毎月2回メールマガジンを発行しております。
          イベント情報や最新の店舗情報を皆様の携帯やパソコンに直接、お届けしております。ご登録方法はお手持ちの携帯またはパソコンのメールアドレスがあれば OK。携帯からのご登録は、こちらの QR コードを携帯のカメラで読み取って下さい。
メルマガ購読
図1のように登録メールアドレス欄に受け取りたいメールアドレスをいれて、登録ボタンを押して完了です。パソコンからは図2のように、れんがの WEB ショップの右上にメールマガジンのボタンがあるので、そちらをクリックして下さい。図 1の画面に切り替わりますので携帯電話と同じようにメールアドレスをいれて登録ボタンを押して下さい。
<編集後記>犬との暮らしが始まって 4 ケ月。自宅周辺をワンコと一緒に散歩するのが日課となりました。車では通れないような細い路地裏をあえて選びつつ、あっちへこっちへ・・・。日々小さな驚きや発見を楽しんでいます。板橋
facebook twitter instagram youtube
【配信停止について】メールマガジンの停止をご希望の場合は、下記URLからメールマガジンの解除をクリックしてください。
リンク先
※ このメールに心当たりのない場合やご不明な点がある場合、お手数ですが弊店までご連絡いただきますようお願い申し上げます。
Copyright©️ 2021 インテリア&キルトショップ れんが All rights reserved.